設備紹介


MRIは画期的な診断装置です。
磁気の力で体の中が見えるワイドオープン型MRI、当院では日立MRI装置を設置しています。

•MRI(磁気共鳴診断装置)は磁場の中で人体に電磁波をあて、体内から得られた信号をコンピュータで処理し、あらゆる方向の断層像が映像化できる最先端の装置です。  
•磁気エネルギーを使っての検査ですから、放射線の被曝もなく、安全に検査が行えます。  
•患者さんはベットに横になっているだけで検査が済み、痛みなどの苦痛はありません。  
•オープン型のMRIであるため、圧迫感、不安感なく検査することが可能です。閉所恐怖症の方や、お子様など、トンネル型のMRI検査装置では検査が難しい患者様でも検査が可能です。また、お子様の検査時には、付き添っていただくことも可能です。

•整形外科領域及びあらゆる疾患、傷害の診断に役立ちます。  

•頚椎、腰椎、椎間板の断層撮影  
•神経疾患、脊髄疾患、神経痛の原因診断  
•上・下肢関節の断層撮影  
•レントゲンでは診断困難な骨折の診断  
•筋肉疾患、靭帯・腱の損傷断裂の診断  
•骨腫瘍、軟骨部腫瘍の精密検査

特に脊椎の椎間板ヘルニアや膝の靭帯損傷・半月板損傷・変形性膝関節症に対して負担の少ない大変有効な検査方法です。




お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 9:00〜19:00)

電話番号:0584-92-2233