設備紹介


当院は、DEXA(DXA)法による最新の骨密度測定装置を設置しており、腰痛や骨折の原因となる『骨粗鬆症』の診断を正確かつ安全に行うことができます。検査には極めて少ないX線を使用しており、仰向けにベッドに横になるだけで、痛みもなくスピーディに測定できます

DEXA(DXA)法とは“Dual Energy X-ray Absorptiometry”の略で、二重エネルギーX線吸収法のことです。検査部位は腰椎、大腿骨、前腕骨などで、特に脊椎の骨密度(骨塩量)測定には欠かせない測定法となっています。




お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 9:00〜19:00)

電話番号:0584-92-2233